読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20歳までに身につけたい      自分への投資

時代は70年周期で動いている。一つの時代には3つの流れがある。創造する時代、普及する時代、管理する時代。それぞれの時代で楽しく生きて行くために身につけたいことをお伝えする情報ブログです。

カタをつける

自立:Independence  共生:Life Together  創造:Creation

 

木で例えると、

自立とは根の部分にあたる。

共生とは枝葉の部分。

太陽を初め、気温や湿度、昼と夜、雨や晴天など、

創造とは花となる。

 

綺麗な花を咲かせるためには、

快適空間(木で言えば土壌や環境)が必要だ。

自分を大きく豊かにしてくれる快適空間。

 

部屋が汚い人と綺麗な人がいる。

 

人と空間の関係を考えてみよう。

空間は2つある。

 

個人的行為:寝室、書籍、勉強部屋など最もプライベートな空間。

自分さえよければ散らかっていても良いと言う考え方をする人もいます。

 

そして、もう一つは、

自分もリラックスし相手にもリラックスして貰えるよう努める。

マナー空間。

 

生理的行為:便所、浴室、洗面所

共同的行為:食事室、居間

サービス的行為:台所など

 

部屋がかたづいている人は、部屋がかたづく様な習慣を持っている。

部屋がかたづかない人は、部屋がかたづかない様な習慣を持っている。

 

空間を作るには、

性格や知識、テクニックなどではなく、習慣が一番大きい。

 

テーブルの上の状態が、部屋全体の散らかり具合を決める。

机は便利なのでついつい置いてしまう。

でも、

ついついあると物を置いてしまう机、

しかし、机の上を綺麗に保つことが部屋全体のかづけにつながる。

 

かたづけとは、カタをつける。

一つ終わらせれば、新しいことが始まる。新しい人生を始める。

かたづけにはそんな効果がある。

 

新しい人生を始める。新しい人生のスタートを切る=かたづけ。

新しい人生を切れるスタートがかたづけだと思います。

 

部屋がかたづく習慣を持つ。

それは意識して物を置く。物は決められた場所に意識して置く。

取りあえず置きをしない。

 

あとでかたづけるではなく、すぐにかたづける。

一日一か所を数分で、少しずつかたづける。

全部を一気にやろうとすると、それがなかなかうまく行かない。

 

自分を創る。自分を経営する。

自分のリーダーとなる。

それを一気にやろうとすると、迷い混乱する。

 

塵も積もれば山となる。

毎日の少しづつが大きな成果を生む。

 

目標に向かって、毎日の少しづつを意識しよう。